ログイン

現在のカゴの中 0点

  • 商品カテゴリー

営業カレンダー

2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

  • 記事
商品コード:
toribia11

オナホから油分をなくせないの?

販売価格(税込):
0
販売価格(税抜):
0
会員様は 0 ポイント還元(3 %)
 1P=1円として次回より使用可能
商品概要
オナホに関する基礎知識を解説します
商品登録日
2019/11/30

解説

オナホの油分を気にするユーザーは多い。
手で触るとギトギトしたり、床や机の上に置いてると油が染みてくるので、避けたいと思うのは当然だ。

しかしオイルがオナホの製造には欠かせない以上、残念ながら完全になくすことはできない。

ただし、オイルの量が多いオナホと少ないオナホはある。
その簡単な見分け方は、素材である熱可塑性エラストマーの弾力に関係する。

油分は熱可塑性エラストマーを柔らかくする。

したがって、柔らかいオナホほど必然的にオイルの含有量が多いということになる。

反対に、張りがあって硬い素材はそれほどオイルを必要としない。

機械製造(インジェクション成形)されたオナホも油分が少ない。

toribia25
ホッパで使用しているオイルは、
人体に害のない流動パラフィンを使用している。

ギトギトとした油染みがどうしても嫌な場合は、固めの素材を使用しインジェクション成形されたオナホをチョイスすると良い。

だが気をつけたいのは、それは自分のペニスに合った弾力とは必ずしも限らないということだ。

固い素材のオナホでは刺激が強すぎるという場合は、柔らかいオナホを使うしかない。

オナホを使う究極の目的は、気持ち良くオナニーすること。

その目的を達成するために柔らかい素材のオナホを使うならば、ある程度は油分を許容するしかない。

その場合は、オナホ全体にパウダーを塗してサラサラ状態を保ち、少しでもストレスなく使用できるように工夫しよう。

なお、オナホ同士やプラスチック製品とくっつけていると互いの油分を吸い取って油染みが生じる。

オナホを保管する際は個別に、そして油分を吸着するような袋を使用することも有効だ。

油分の流出と保管についての詳細は、「オナホってどうやって保管するの?劣化とかするの?」を参照してほしい。

目指せ大当たり!!オナホガチャ

※各種割引サービスの対象外品となりますのでご了承下さい※

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品