ログイン

現在のカゴの中 0点

  • 商品カテゴリー

営業カレンダー

2021年10月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

※赤字は休業日です

商品コード:
toribia23

ローションについて(ローションを自作する) 【コラム】

販売価格(税込):
0
会員様は 0 ポイント還元(3 %)
 1P=1円として次回より使用可能
商品概要
オナホに関する基礎知識を解説します
商品登録日
2021/04/03

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

【目次】 オナホールコラム(イラストをクリック!)

解説

オナホールを、コンニャクなどで代替する話を聞いたことはあるかもしれない。
では、ローションを自作できることは知っているだろうか。
コンニャク同様に、片栗粉や小麦粉という食材を使うのである。
ローションについて(粉末ローションの使い方)」で粉末ローションの安さについて述べたが、片栗粉や小麦粉なら100均で買える。
しかも粉末と同様、少量で大量に作ることができるので、コスパの良さで言えば究極的である。
とにかく安く抑えたい人や、ローションがなくなった緊急事態の際は、自作ローションを試してみよう。


自作ローションに使う材料

・水 100ml
・片栗粉/小麦粉 小さじ1杯
・小鍋
・保存容器…ペットボトルなど


自作ローションの作業手順(鍋で作る)

①水100mを鍋に入れて軽く沸騰させる
100mlのローションは、1回のオナホールプレイでは使い切れないくらいの十分な量だ。
ペペローション」など一般的なローションの容量は360ml。
なのでボトルローション1本分を作りたい場合は、300mlの水に対して、片栗粉を小さじ3杯が目安だ。

使いたい量の水を小鍋に入れて、火にかけて沸騰させる。
底に気泡が出始めたら、火を止めるタイミング。
沸騰させすぎると水分が蒸発して量が減る上に、冷ます時間が長くなってしまうので気を付けよう。

②小さじ1杯の片栗粉を投入
沸騰したお湯をかき混ぜながら、振りかけるように片栗粉を投入する。
一か所にまとめて投入すると、ダマができやすくなるので要注意。
全体に、トロみのある透明な液体になれば完了。

なお、あらかじめ水と片栗粉を混ぜておいてから火にかけてもOKだ。

③80℃以下になるまで冷ます
火傷防止と保存容器の耐熱のために、作ったローションを放置して十分に冷まそう。
PET(ポリエチレンテフタレート)が素材のペットボトルは、-15℃~50℃程度が温度範囲。
ホット用ペットボトルでも、85℃が耐熱温度である。
使用する保管容器に合わせて、必ず冷まそう。

④容器に移して補完する
十分に冷えたら、ペットボトルなどの保管容器に移し替える。
漏斗を使えばこぼすことがないので便利だ。
もちろん一回で使い切ったり、あまった分を捨てるなら移し替える必要はない。

100円ショップで売っている、片手でプッシュして取り出せるディスペンサータイプだと、使う時に便利なのでおすすめ。

片栗粉を使ったローションの自作は以上の工程である。
所要時間は15分程度なので簡単に行える。
 



自作ローションの作業手順(電子レンジで作る)

鍋に火をかけるのではなく、電子レンジで作ることも可能だ。
その場合の工程は以下の通り。

①水に溶かした小麦粉や片栗粉を、電子レンジで30秒ほど温める。

②取り出してからスプーンなどでかき混ぜる。

③再び電子レンジに入れて30秒ほど加熱。


④好みのとろみになるまで、②と③の工程を繰り返す。
 

自作ローションの注意点

①片栗粉の量
投入する片栗粉の量が最も重要である。
多すぎるとダマができやすくなる上に、スライムのようにドロッとなってしまう。
逆に少ないとシャバシャバの液体になって、潤滑液としてのローションの役割が果たせない。

片栗粉を多く入れてしまった際は水を足せば良いが、無駄に大量のローションができてしまう。
なので最初は、少な目に投入して作る方が良い。
そして後で片栗粉を足せば、自分好みの粘度が探せる上に、作る量も適量で済むからだ。

②保管容器の耐熱温度
作業手順で説明したように、保存容器が溶けないように耐熱温度に気を付けよう。
十分に冷まさない内に容器に移すと、熱で素材が溶けて有害物質と異臭が発生してしまう。

③保管方法と日数
主成分が水と食材になるため、空気に触れるとしだいに劣化して腐りやすくなる。
そのまま使うと局部への炎症も生じかねない。

保管する場合は必ず冷蔵庫に保管し、少なくとも1週間以内に使い切ることを心がけよう。

またお風呂用などで大量に使うことを目的としない場合は、作りすぎないようにを気を付けよう。

一週間でどのくらいのローションを使うのかを把握し、無駄なく消費して適切に保管してほしい。
 

片栗粉/小麦粉以外の材料でローションを自作する。

■ポリアクリル酸ナトリウム



【特徴】
ポリアクリル酸ナトリウムは、少量で大量のローションを作ることができる。
通販サイトでは、100gで1000円ほどで購入できてコスパも良い。
一般的なローションの主成分として使用されており、吸水性に優れているためにヌルヌル感が抜群。

その分、長時間使用すると肌水分が吸収されてしまう可能性もあるが、お風呂用ローションなど大量に使いたい時には重宝する。

【作り方】
電子レンジや電子ケトルなどで用意した100ccのお湯に、1~1.5g程度のポリアクリル酸ナトリウムを溶かす。

ダマができないように少しずつ、振りかけるように投入しながらかき混ぜ、とろみが出たら完成。
好みの粘度に合わせて、粉末の量を調節して仕上げる。

【保管方法と日持ち】
片栗粉/小麦粉で作ったローションと同様、約1週間、日持ちする。
容器に移し替えて冷蔵庫で保管しよう。

大量のローションが必要な時に適しているので、オナホールプレイで使う際には不向き。

なお保水性に優れ、愛液の代替としても使われるグリセリンを一緒に溶かすと、肌へのダメージを抑えることができる。
グリセリンは乾きにくいので、温感作用もある。

目指せ大当たり!!オナホガチャ

※各種割引サービスの対象外品となりますのでご了承下さい※

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。