ログイン

現在のカゴの中 0点

  • 商品カテゴリー

営業カレンダー

2021年6月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※赤字は休業日です

  • 記事
商品コード:
shittengu38

38 飛びっ子に乗って君と2人で​​​​​​​【みくらのコレ知ってんぐ?】【コラム】

販売価格(税込):
0
会員様は 0 ポイント還元(0 %)
 1P=1円として次回より使用可能
商品概要
大量の商品の中に埋もれてしまった逸品やサービスを掘り当てて紹介していくコーナー
 
商品登録日
2021/02/04

商品説明

「みくらのコレ知ってんぐ?」とは

毎月発売される大量の商品の中に埋もれてしまった逸品を掘り当てて紹介していくコーナーです

月2回程度の更新を予定しております
38 飛びっ子に乗って君と2人で

ホットパワーズの天狗広報みくらです!


ホットパワーズで扱う3,000を超える商品の中から、埋もれた逸品を紹介していきますよっ!

※今日はスケベなお話なのでしっかり読んでください。

これは十数年くらい前くらいのお話。
当時お付き合いをしている人とお酒を飲みながら「この後ホテルかな」なんて考えていたら相手がカバンから出してきたのです。
これを。

SUPER飛びっ子DX(現在はもう廃盤です)
※これが飛びっ子(とびっこ)です。遠隔ローターは全部「飛びっ子」って呼んでるくらいこの時代の代表の遠隔ローターです。


ついに…えっちな漫画みたいなことになってしまった…!(AVじゃないってところが育った環境出ちゃうよね)」なんて思いながらも、相手はニコニコして『トイレで装着しておいで』というので、中身を取り出して緊張しながらトイレへ。
当時から知識はあったし大人のおもちゃ屋さんで働いていたので嫌悪感はない。むしろ興味しかなかった。でも、いざ使うとなると期待感でドキドキワックワクしながら装着。(この当時はローターに大きな受信機もあり、それもパンツに装着したりポケットに入れておかなければならなかった)

いざ、席に戻ると相手はニヤニヤしている。
『えらいね、素直に装着したんだ?かわいいね』
そんなこと言われただけでもう下半身がキュンキュンしちゃいmあっ…?!

下半身への急な刺激で、背筋を伸ばし目を見開いた。

そう、相手は早速スイッチを入れたのだ。
ぷにぷにした柔らかいシリコンをまとったローター。たかがローター、されどローター。
何度かスイッチを押し、私の反応を楽しむと彼は「そろそろお店でよっか?」と席を立った。

外にでて、私の手を握るとホテル街へと歩き出す。
と、突然私の方を振り返り『あれ?もうだめ?』と言う彼の言葉の意味がすぐわかった。

私の股間はもう振動していない。

こういうおもちゃは壊れやすいのが常識、みたいなところがあったので
2人で笑いながらそのままホテルへ歩いた。
数分だけの楽しい遊び。

その後、繰り広げられるロウソクや浣腸、アナル開発にペニバンにアナルファックなこともあったのだけれど…それはまた別のお話。

と、まぁ遠隔ローターってば最初っからスイッチが入らないのもザラだったことがありました。ちゃんと使えたらラッキー。メーカーさんの不良交換対応もスムーズ(よっぽど問い合わせも多かったのでしょう)
そんな時代だったのです。ローターって、結構簡単な作りではあるみたいなんです。
壊れやすいし、遠隔操作にもなれば電波問題もありましたからね。

だがしかし!!!
進化はあるのです。ゆっくりかもしれませんが、それは確実に。

長すぎる前置きで今日紹介するのはこちら!

nemo CHARGE ネオ充電式リモコンローター


シンプルでかわいい!質感がすべすべ!余計な部品がない!操作しやすい!
ローター部分はUSBでマグネット充電!今っぽいやつ!
(※だがしかし電池部分のフタはちょっと開けずらかった!残念なのはそこだけ)

さぁ、使用感をご紹介しましょう。
十数年の時を経て、遠隔ローターの進化を確かめてやるっ!

…寒い夜、すけべなことをする為にホテルに向かっている最中のこと。
私はすでに下着の中にローターを仕込み、リモコンを上着のポケットに入れている。
横を歩く彼に、突然「あの、これなんだけどね」とリモコンを見せた。
彼はアダルトグッズに詳しい訳ではなかったので、不思議そうにそれを見ていた。
遠隔操作の…ローターのリモコンなんです…

彼は目を丸くさせ『…!あっ…それ、そういう!』
「はい。このスイッチを押すと、ローターが動くやつ…です。ローターはもう、あの…ここに」
そう伝えるとさらに驚いた顔をした。

そりゃ、いきなりそんなこと言われたら驚くでしょう。相談もなしに、一人でローターをパンツの中に入れて、どんな顔して待ち合わせ場所にきたのかと!今思うとすごく恥ずかしいことしたなと思うんですけど、ほら私って真面目なんで。
このコラムのためと思って勇気を出したんです。


マスクがあってよかった。きっと、緊張と期待で口元が歪んでいたから。
暗い夜でよかった。きっと、緊張と期待で頬が紅潮していたから。

リモコンを渡すと、彼は笑って『…押すの緊張しますね』と照れながら答え、自分のポケットに入れた。

… 押 さ な い の ぉ っ ?!!

なるほどそういうパターンかぁやられたなぁー!渡せば押してもらえると思ってたもんね!
迂闊だったぁ…考えが浅かったんだなぁ私ってば…

そうこう言ってるうちにホテルへ。結局、リモコンは押されずに部屋に入った。
ベッドに腰を下ろした彼は、ポケットに入れていたリモコンを出して手の上でもてあそび、無言でスイッチを押した。

「わぁあああっ!!」

まさかそんなタイミングで来るとは思わなかったので、私は色気もなくただただ驚いて声を上げた。

『あっ!すみません!本当に…震えるんですね!』と、彼は少し申し訳なさそうな顔をしてローターを止める。

私は謝らないでください、大丈夫ですと笑いながら恥ずかしくなってしまい顔を伏せた。

…ここから、湯船にお湯をためようとお風呂場へ行くとスイッチを押され
お風呂場に響く私の「あぁっ!」
上着をハンガーにかけようと手を伸ばすとスイッチを押され
身をよじって漏れでた「んんっ!!」

ちゃんと離れた場所でも受信するんですね。よくわかりました。
楽しくなってきたようで、振動パターンも試せるほど余裕がでてきたみたいですがそろそろ…
と、ここで遠隔ローターはおしまい。

のはずでしたが、ベッド脇に転がしておいたローターはセックスの最中にも大活躍!
彼はローターを手に取り私の敏感なところ(クリトリスですね!)に優しくあてがったのです。
それからイクまでに時間はかかりませんでした。
シーツを握りしめ大きな声をあげて果てる私をみて、彼は嬉しそうにローターを枕元に戻したのでした…。

おしまい

と、言うことで昔体験した遠隔ローターの甘酸っぱい思い出は、鮮やかに塗り替えられたのでした。
使用感、操作性共に文句なし。音も静かで外で使ってみたけど本人たちがうっすらわかる程度です。これは人にも自信をもっておすすめできる。

とはいえ、みくらすけべなおもちゃ屋さんだけど公序良俗に反するようなことはオススメしたくない。
スケベは、人に迷惑かけるべからずだと思っているから。

なのでお使いになる時には、周りの環境や知らない人に迷惑が掛からないように考えて遊んでくださいね!
それがカッコイイ大人のたしなみってやつです。
ホットパワーズは、そんなカッコイイ大人を応援しています。





(写真はイメージです)

目指せ大当たり!!オナホガチャ

※各種割引サービスの対象外品となりますのでご了承下さい※

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。