ログイン

現在のカゴの中 0点

  • 商品カテゴリー

営業カレンダー

2020年8月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2020年9月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

※赤字は休業日です

  • 記事
商品コード:
shittengu25

みくらのコレ知ってんぐ? No,25 オナホ工場見学のララバイ

販売価格(税込):
0
販売価格(税抜):
0
会員様は 0 ポイント還元(0 %)
 1P=1円として次回より使用可能
商品概要
大量の商品の中に埋もれてしまった逸品やサービスを掘り当てて紹介していくコーナー
商品登録日
2020/01/30

商品説明

「みくらのコレ知ってんぐ?」とは

毎月発売される大量の商品の中に埋もれてしまった逸品を掘り当てて紹介していくコーナーです

月2回程度の更新を予定しております

みくらのコレ知ってんぐ? No,25 オナホ工場見学のララバイ

ほっぱっぴー!!!
今日はね、去年の11月に行ったオナホ工場の見学のレポートだよ!
お待たせねぇ!


その日は11月上旬だというのに、暑いくらいで。
マックでお昼を済ませ、食べきれなかったポテトを抱えてバスに乗り込んだ。

さぁ、いつもの見慣れた場所へ。

先に到着していたとくっちさんから連絡が入った。
「もうおひとり様来てます。ヒロキは遅刻です。」
んんん工場長のヒロキがいないと始められないのに…

急いで工場に向かい、いらっしゃった参加者の方に冷めきったポテトを渡しながら世間話を始めると、続々と参加者がやってきた。

屈強な男たちに囲まれて、私は少しビビっていた。
屈強な男たちはみんな、うちの工場のオナホが目当てなのだ。
屈強な男たちはみんな、うちのオナホにちんぽを突っ込んで夜な夜な過ごしているのだ。
「あぁきっと今夜も…オナホにローションを入れてぐっちゅぐちゅでじゅっぽじゅぽでシコるんだわ!」
みくらはそう思うと、下腹部がきゅっとするのを感じた。

記念写真を撮り、ヒロキの軽快なトークが始まる。
屈強な男たちは、真剣なまなざしでヒロキを見つめる。

オナホの原料の粉と油の説明だ。
工場組のすんちゃんがいてくれたおかげで、作業工程を見せながらヒロキの説明が進む。

真面目にメモを取る人、質問をする人、無言でじっと説明を聞き頷く人。
私はその様子を写真におさめる。
 
オナホの材料を寸胴鍋に入れ、火にかける。
皆で順番に鍋をかき回し、その間に金型や中子※なかご(芯棒)の説明をする。
一つの金型を作るのにいくらかかるのか。中子はどうやって作るのか。

屈強な男たちは、みんな目を輝かせて各々手に取り写真を撮ったり
中子からどの商品かを当てたりしていた。
その様子は、友達の家で新しいおもちゃを手にした少年のようだった。
  
金型に中子を立て、一人一人が鍋を受け取り順番に液状の素材を金型に注ぎ込む。
それからは、オナホが固まるまで1時間ちょっと休憩。

外にダンボールを敷いて、お菓子やお茶を楽しもう。
屈強な男たちとの交流タイムの始まりだ。

ここではちょっと書けないような質問に答えたり、みんなが何者なのかを聞いたり。
最初はぎこちなかったホットパワーズのとくっちさんやヒロキも、徐々に笑顔になっていった。

みくらはダンボールに寝っ転がりながら、晩御飯のことを考えていた。
屈強な男たちは皆優しかった。
ホットパワーズ製品への感想を伝えてくれたり、改善案なども丁寧に教えてくれた。
屈強な男たちは皆優しかった。とても優しかった。

ここで突然のオナホの欠片投げゲーム
 

屈強な男たちがキャッキャしながらわらびもちのような柔らかさの欠片を投げてゆく。
なかなかに接戦だったが、ここは海外からの参加者の方が優勝。
みんなの温かい拍手が工場を包む。

そうこうしているとオナホが冷えて固まった。脱形(だっけい)作業だ。
オナホは引き抜く際、空気を入れながら引っ張るので
「ブッブビビビ!!!グッポコガッポン!!!!!」などと凄い音が出る。
『おいおい、こいつこんなに下品な音を出してやがるぜヒャッハー!』
『エロマンガで見た擬音だ!』
などと屈強な男たちは嬉しそうにオナホを収穫し笑顔で高らかに掲げた。
 



みくら「おぎゃーです、ナイスおぎゃー」
そういうと、屈強な男たちはわが子のように大事に抱え始めた。
これが…母性…?

さぁ、加工場に移動して余剰部分をチョッキンしよう。



屈強な男たちにはさみを持たせたら、きっと互いの服を切り刻み始めて…
そして、そして酒池肉林で阿鼻叫喚な地獄絵図が…!
なんてこともなく器用に丁寧にチョッキンしていた。
みんな立派に戦ったよ。よくやったな。

そうして、仕上げはお母さんなヒロキに手触りをよくする為にパウダーをまぶしてもらった。
ホットパワーズはこだわりの2種のパウダーを順番にまぶしているのだ。
一つはタルク、一つはコーンスターチだ。
コレは完全にヒロキの趣味…いや、強いこだわりなのだ。
ヒロキ「ベルベットみたいな手触りになるでしょ?」




そうして、皆にオナホの授与を終えて工場見学は終わりを迎えたのでした…

と、思いきや屈強な男たちは「ここにある商品、買えるんですか?買っていきたいんですけれど」とみんなでオナホやローションをたくさん買って帰っていったのでした。

最後にもう一度集合写真。


ふざけたレポートだと思いましたか?実はあながち間違っておりません。
これがホットパワーズのオナホール工場の見学会ってやつです。

そのうちまた開催を予定しています。
今度は貴方に会えますように!
それが、ホットパワーズの願いなのです。

目指せ大当たり!!オナホガチャ

※各種割引サービスの対象外品となりますのでご了承下さい※

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。