ログイン

現在のカゴの中 0点

  • 商品カテゴリー

営業カレンダー

2020年1月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年2月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

※赤字は休業日です

商品コード:
hop15th-comic

ホットパワーズ15周年記念 ホッパ完全読本

販売価格(税込):
550
販売価格(税抜):
500
会員様は 15 ポイント還元(3 %)
 1P=1円として次回より使用可能
出荷までの目安: 基本的に在庫を保有しており発送まで早めです。タイミングにより発注が必要となる場合もございます。
※詳細なスケジュールをご確認されたい場合は、お手数ですがお問合せフォームよりご連絡下さいませ。
商品概要
15周年を記念して製作された驚愕のフルカラー160P!!これでホットパワーズの全てがわかる!!
商品登録日
2020/01/02

メーカー:
ホットパワーズ

商品スペック

サイズ A6
その他 表紙込み160P
全ページフルカラー

説明


表紙イラスト もち子


ホットパワーズ15周年を記念して2019年に製作されたフルカラー本です。

なんと驚きの160Pという大ボリュームでお届けします!!
 

約2年ぶりの本作りですね!!

前回は2017の夏コミにて「オナホ屋 ホッパの日常」という同人誌を頒布しました。



 

前回は104Pという事を考えると今回の160Pというボリュームはパワーアップしているのがわかりますね!!

今回はページ数だけでなく内容も前回よりパワーアップしております。


前回同様の漫画やゲスト投稿はもちろんの事、ホッパの歴史、過去に発売された全製品の紹介、ホッパ主要メンバーによる座談会などなど、ホッパマニアにはたまらない豪華な内容です!!

いや、マニアじゃなくとも貴重な歴史を知る本として、これからホッパを知りたいという方にもオススメです。



(ここだけの話)
本当は15周年記念オナホールを製作して、その付属品として使おうと思っていため、本誌サイズはA6という小さなサイズになっております。
でも色々と進行が間に合わなかったので本だけ先に出させて頂く事にしましたorz



難しい事は考えずにパラパラ読んでいるだけでもイイ暇つぶしになるし意外と面白い内容だと思いますよ?

将来的に貴重な一冊になること間違いなし!!
ホットパワーズがもっと楽しくなる一冊です!!
オナホを買うついでに一冊いかがですか\(^o^)/

目指せ大当たり!!オナホガチャ

※各種割引サービスの対象外品となりますのでご了承下さい※

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • プロフェッシコオナル チン事の流儀

    2020/01/23 投稿者:黒猫 おすすめレベル:★★★★★

    オリジナルのオナホを作っているメーカーで、一番はどこか?
    そう質問すれば必ず名前が挙がる店がある、ホットパワーズ。

    ネタからガチまで幅広くこなす性のエンターテイナー。
    その常に業界の最先端を先走る我慢汁こそ彼らなのではないか?

    今やオナホを使うものなら誰しもが知っているアダルトショップ。
    知らない奴は初心者かモグリ、そんな声まで聞えて来るメーカーだ。

    そんなメーカーがついに15周年を迎え記念本を出すことになった。
    中野の某所にあった店舗時代から続く長い歴史がこの一冊に。

    さて、内容に触れて行きたいのだが如何せんとても多い。
    フルカラーで150ページを超える大ボリュームはまさに圧巻。
    どこのアダルトショップもこれほどの分厚い内容を綴ることは無いだろう。

    キャラ紹介や人気投票から始まり、ホッパと私と言うユーザーからのコメント。
    スタッフの座談会からオナホエッセイまでページを捲るたびに様々な話題が尽きない。

    Q&Aやオリジナルオナホ一覧など、読んでいて飽きることがない。
    スーパーホールから始まる歴史はとても長く。
    こんなオナホや商品が出ていたんだと読者を驚かせるだろう。

    中野時代、あのアングラな店内に入りオナホコーナーの2階へ進むワクワクは今でも思い出せる。
    スーパーホールが出ていたころはオナホは今みたいに質の良い物が少なく。
    主にカップ、小型が主戦場のごとく1000円台で勝負していた時代だ。
    もちろん中型もあるにはあったが、とにかく安く手軽で小さいが各メーカーこぞって出していた。

    そんな中、東京名器やゲルトモが高評価を得ていた時。
    ホッパはオリジナルホールを出していた。スーパーホールだ。
    正直自分は店頭で見かけた際、なぜ?と思った。
    既に良作や、大手のメーカーが自社工場でヒット作を作ってる中。
    ホットパワーズはオリジナルを作って勝負しようと言うのだろうか?

    自分はそこでホットパワーズの持つ魅力に気付き始めたのかもしれない。
    正直、その時代。中型でしかもあまり有名でないヒット作以外買うことはギャンブルだった。
    すぐにホールは裂ける、切れる、臭い、軸ズレ、底抜け。が当然のごとく蔓延る時代。
    そんな中で、ホットパワーズと言うあまり知らないメーカーのしかもオリジナル中型を買うのは。
    どう考えたって、物好きくらいだろう。

    ではなぜ自分はそれ、つまりスーパーホールを買ったか?となると店頭で根が張るほどサンプルを眺めたからだ。
    3種類もなぜ出した?しかも形は四角い?値段も結構良い値。
    そんな疑問を持ちながら店頭にある人が触りまくってもはや埃だらけになったオナホを調べた。
    そうして長い時間をかけ、他の市販品とも比べて気付いた。

    先ほど述べたように、ホールはすぐ避ける、切れるなどの欠点ばかりの時代。
    そんななかスーパーホールは裂け・軸ズレ・底抜けに気遣って作られていると感じた。
    もちろん臭いは結構強かったが、オリジナルを作り良い物を売ろうとしている気概があった。

    そこから自分はホットパワーズを他の通販よりも贔屓に利用するようになり。
    ファンになって行ったのだと思う。ホッパの新作が出るたびにワクワクしていた。
    それは今も変わらず同じだ。あの頃に比べ素材も構造も複雑化して進化した。

    昔では考えられなかったが、ホッパがここまで有名になって。
    今ではチチの争奪戦が起こるとは思わなかった。
    だが、あの頃から感じた良い物を作りユーザーのことを考える企業は変わらずにそこにいる。

    それが続いたからこそ、今のホッパがあるのだろうし、これからも続くのだろう。
    本の内容に戻るが、卒業した店員さんとの対談もあり。関係は良好の様で元気そうだ。

    よんななさんのオーガブラック小説は必見である。
    VR世界でよんななさんの小説が現実になるのでは?と思ってしまう質感。
    1919年後にこの小説がノストラダムスの予言書になるに違いない。

    ガバガバアナルグラムの時間だ。
    よんななさん、つまり473と変換し、逆から読むと374。
    3(み)7(な)4(し)、皆死…!? 小説を読み返しキーワードを探し出す。
    兵器・オーガブラック・皆死、なるほど!!
    つまり『兵器』があのように『皆死』に絶え『オーガブラック』が世界を覆ったのはこういうことだったのか!?
    なんてことだ!隠されし予言はここにあったのか!?人類は滅亡しない!やったぜキバヤシ!

    キテルキテルさんや、桑畑さん、オナ郎さん、伊達直人さん達のコメントも感慨深いものがある。

    伊達直人さんはホッパが最初期のころからレビューをしていた最古参で。
    自分はホッパが新商品を上げるたびに伊達直人さんのレビューを読むのが楽しみだった。
    今何してるだろうなぁ、思っていたところ巻末のコメントで現状をしれたのでとても満足である。

    読み終わってみると、本当に『完全読本』の名に恥じぬ出来栄えでとてもこれが500円とは思えない。
    自分も何だかんだでホットパワーズ古参のつもりではあるが、やはり完全読本を通して知った知識も多く。
    新参古参関係なく、何か新たな発見がある一冊だと思う。

    温故知新、マンコチンチン。つまり古語にも記されているように、エッチは叡智なのである。

その他のオススメ商品