ログイン

現在のカゴの中 0点

  • 商品カテゴリー

営業カレンダー

2019年11月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

商品コード:
1-2098

半熟サキュバス外伝 超極強化サキュ手裏剣VV リメイク進化!ゾリふわWハードタイプ

メーカー希望小売価格(税込):
4,400
販売価格(税込):
3,366
販売価格(税抜):
3,060
会員様は 91 ポイント還元(3 %)
 1P=1円として次回より使用可能
出荷までの目安: 基本的に在庫を保有しており発送まで早めです。タイミングにより発注が必要となる場合もございます。
※詳細なスケジュールをご確認されたい場合は、お手数ですがお問合せフォームよりご連絡下さいませ。
商品概要
キテルキテル×ホットパワーズのコラボホール「サキュ手裏剣」が超極強化されて新登場!
二層構造は刺激強めにリメイクされ、重さも440gに増量し肉厚強化!
より刺激的になった360°前面から迫る強化波ヒダがたまらない。
商品登録日
2018/12/26

メーカー:
キテルキテル

商品スペック

サイズ 本体全長約17.4cm  有効挿入部全長約14cm
ホール種別 非貫通
付属品 ミニローション
匂い 普通
油分 普通
裏返し NG
弾力性 外:柔らかめの素材 中:固めの素材
重量 【本体重量】約440g
パッケージ込み総量約570g

公式紹介文

キテルキテルから新作のお知らせです!
 

今回、キテルキテルが送る新作は……
 

「半熟サキュバス外伝 超極進化サキュ手裏剣VV(ダブルピース)」

です!!

こちらの新作は前作のサキュ手裏剣にキテルキテル流の味付けを加え、

更にハードな刺激に寄せて作った強化版ホールとなります!
 

前作のサキュ手裏剣をご存じない方のために軽く説明すると、
 

サキュ手裏剣は「ホッパに願いを」という企画から誕生し、

キテルキテルとあのホットパワーズ様が双方全力を出して商品開発にあたった、

ギャップ二層が特徴的な最強コラボホール……といった感じでしたね。
 

ホットパワーズ様とキテルキテルの出会いのエピソードとか、

より詳しい話については前回の紹介記事をご覧いただければ幸いです!
 



 



実は今作のサキュ手裏剣VVは前作のサキュ手裏剣が発売されてすぐに企画が始まっており、

それとは別の話になるのですがホットパワーズ様で発売された10種類の限定版サキュ手裏剣の企画もあったため、

これらの10種類とは素材配合が被らない形で更に強化したサキュ手裏剣

作ろうということで企画が進められていきました。
 

そもそも何故早い段階から強化版のサキュ手裏剣を作る企画が立ち上がったのかについてですが、

実はお客様からの声が理由として大きいものだったりします。

というのも、前作のサキュ手裏剣は挿入口が大きく、

それによりまったりとした使用感が生み出されていたところもあるのですが、

やはりローション漏れの問題に悩む方が多かったようで、

こちらを改良したものを作りたいという思いがまず一つありました。
 

また、それ以外にも底面の肉厚が少し薄めということもあり、

その点も改良するため肉厚を増量したいという思いもありましたね。


 




パッと見た感じではサキュ手裏剣サキュ手裏剣VVもほぼほぼ同じ物のように思われるかもしれませんが、

実は前述した改良を実行するために芯棒も金型も新規製作しております!!


肉厚については改良のために金型を一回り大きくし、

ホール重量も前作約390g今作約440gと少しボリュームが上がっていますね。
 

また、新規制作をしたという時点で察している方もいるかもしれませんが、

前作はホットパワーズ様の工場で製造していたのに対し、今作はキテルキテルの提携工場で製造しています。


ホットパワーズ様から出た10種類のサキュ手裏剣のように、

キテルキテル側からもより好みの味付けをしたホールを発売するぞ!ってノリの展開ですね。


 

ローション漏れに関しても改良のために一から作り直しており、

下の画像を見ていただくとその違いが分かることかと思います。
 

まず、入口を狭くする関係で内部構造の長さを変更する必要がありました。

そして、入口が狭くなることでバキューム力が強化されるのと、そもそもキテルキテルはハード好きということもあり、

折角作るなら刺激は強めのホールに調整したいという思いがあったため、

サキュ手裏剣VVではよりヒダが鋭くなるように作りこんでいます!

 


(上:新作「サキュ手裏剣VV」の芯棒 下:前作「サキュ手裏剣」の芯棒)
 


……と、ここまで来たら完成はもう間近のように感じられるかもしれませんが、

ここから先がまたなかなか泥沼な展開になっておりまして……。

金型は出来た、芯棒も出来た、あとは素材配合を決めるだけだ!といった状態まで進んだわけですが、

この調整がなかなか決まらなかった……というわけですね。
 

実は前回のサキュ手裏剣にはローション漏れ底面の肉厚以外にももう一つ難点がありまして、

とにかく職人技で行うような製造方法であったため、生産効率が良くなかったのです。

そのため、改良するならこちらの生産効率についても向上させたい……ということで、


最初は生産効率が良い一層式でとにかく硬いハードホールを目指して作っていたのですが、

これがまぁ実際に使ってみるとあまり良い使用感とも言えず。

結局、こちらに関してはかなり早い段階で前作同様に二層構造で作ろうという結論に至りました。

 




二層構造で作るのであれば、それは前作と同じ方向性での正統進化でなくてはいけません。

それなのに……同じように作ってみてもいざ出来上がったものを試用してみると

前作のサキュ手裏剣にあったようなギャップ感が消えてしまっていたのです。
 

これは恐らく、ホットパワーズ様で製造していた前作が手間のかかる製造方法で作っていたのに対し、

今回は生産効率を上げるために二段階成型で製造していたことが原因……なのではないかと考えています。

内部層の厚さを前作と比較してもわずか数ミリ程度の差でしかなかったのですが、

それでも明確に使用感は違うものとなってしまっていました。
 

生産効率を上げたい、より頑丈にしたい、それでいてギャップ感を失わせたくない。

それら全てを満たす解答に至るまでに何度も何度も試作を重ね……

そして今年の春、このままでは答えに辿り着くことは無いだろうと判断し一時企画を凍結することとなりました。

(キテルキテルではこのように金型や芯棒を作っていても満足いくクオリティのものが出来ないと企画凍結、
そのままお蔵入りといったタイトルは決して少なくありません)
 

それから月日は流れて今年の秋頃……

工場側へゼロから企画をやり直すかどうかのお伺いに向かったところ、

なんと、止まっている間にも素材配合を研究してくれていたらしく、

前作のサキュ手裏剣を何度も何度も触り続け、それに近い素材を生み出すための調整を重ねた結果、

ついにかなり高い再現度で新しい素材を生み出すことに成功していたのです!

また、製造方法についても最終的にはホットパワーズ様と同様に手間のかかる方法で製造し、

低下してしまう生産効率については「人海戦術」で補うこととして、

やはり良い物を作るのに近道は存在しないのだな、と工場側の努力に感謝をしつつ

サンプル製作のお願いをしたところやはりこれが文句無しの大正解
 

早速普段使用している素材より倍の種類の素材を掛け合わせて最適解を模索したところ、

結果として今回は内部素材の硬度が4.5外部素材の硬度が0.5という、

今までにない素材同士の組み合わせとなっています。


 




また、今回のタイトル「サキュ手裏剣VV(ダブルピース)」についてですが、

企画途中では「真打」だったり「2」や「改」だったり……とにかく、

最終系の「VV」からは程遠い名前だったのです。

というか、ほんとについ最近までは「真打」で決まりそうでした。

それが何故ダブルピースに決まったのかといいますと……

まず、今回のパッケージについては販社様からの希望もあってプラパッケージで製作し、

イラストは前作のサキュ手裏剣で使用したものの差分を使用することになっていたのです。

では、差分で見せられる中で最大限の変化をつけるためにはどうしたらいいだろうと考えていた時に

「アヘ顔じゃないけどWピースとかってどう?」

という意見が出てきまして、他にも「サキュ手裏剣V」というタイトル案もあったことから、

「V1つよりもV+Vの2つでWピースってタイトルも強いし面白そう!」

ということで「サキュ手裏剣VV(ダブルピース)」に辿り着いた形となります。

実際のところ、
前作のサキュ手裏剣よりも内部と外部の素材をW強化したり、

バキューム力と肉厚のW強化がされていたり、

今作のコンセプトにもよく合っていて良い名前になったと思うんですよね!

 




さて! それではここからはホール本体につきまして、

前作からどのように変わったのかを説明していきたいと思います!
 

まず、入口から大きく違う点としてはやはり挿入口の大きさですね。

こちらが狭くなることでローション漏れをしっかりと防げるようになり、

更にバキューム力もより強化されています!

前作と大きく異なる使用感になっているのはこの変更による所が大きいですね。

もちろん、前作と同じく全面に施された横ヒダ

四重の波ヒダ構造寄せては返して亀頭を刺激するような

真新しさを感じる刺激はそのままリスペクトしつつも、

よりキテルキテル流の味付けを施してハードな刺激へ調整しています!
 

そして二層構造による不思議な、手に持った時の柔らかさから想像されるソフトな印象とは異なり、

強めの刺激が迫りくる……まるで幻術にでもかかったかのような印象を与える使用感についても、

前作の方向性はそのままにハードよりの刺激へと強化しました!


そんな感じで、キテルキテルとホットパワーズ様の最強コラボホールを

更にリメイクW進化で超強化!!

「半熟サキュバス外伝 超極進化サキュ手裏剣VV(ダブルピース)」

をどうぞよろしくお願いします!

動画・画像


















スタッフレビュー

ホットパワーズとキテルキテルさんのコラボオナホである
サキュ手裏剣に正式な続編が出ました!

サキュ手裏剣?という方はコチラを御覧くださいませ。

ウルトラ簡単に言うと
ホットパワーズの大人気シリーズ「くノ一淫法 触手裏剣」をコンセプトに
触手感をマシマシで構造を新しく作りだしたすっごいオナホなのです!!!


おかげ様で当時は生産が追い付かないほどにヒットとなりました。
思い出すと設備が足りないホッパでは本当に生産が大変でした…。
「体制を強化しなければ!」と決意させてくれたオナホでもあります。
ホッパが鳩ケ谷に引っ越しをした一因にもなったとか(真実は神のみぞ知る)


■新作は必ずしも大げさな変化ばかりでなくても良い

前回のサキュ手裏剣をご存じの方には、もしかしたら…もしかしたら
今回のサキュ手裏剣がマイナーチェンジ版に見えるかもしれません。

そうとも言えるし、それで言いとも言いきりましょう。

発表したオナホを少しずつ修正してバージョンアップさせていく土壌を作りたいですよね。
メーカーとしても少しずつ進化を繰り返していくチャンスをもらえるのは有難いです。
オナホを使い捨てにしない。
そういう気持ちがメーカーにもユーザーさんにも必要な時期かもしれませんねH(^_^)P


具体的な修正箇所はメーカー紹介文で既に書かれておりますが

・挿入口を小さくしてローション漏れを軽減
・上記によるバキュームの向上
・底面の肉厚を増して耐久性を向上
・もう少しヒダを彫り込んで刺激を増す
・全体的にもう少しハード寄りの刺激へ素材を微調整


こんな感じになっております。


■一つの人気オナホを色んな工場で作ると面白いのでは?

キテルキテルさんの記事で触れておりますが
今回のサキュ手裏剣はホッパの工場では製造しておりません。
METEO(メテオ)スキンではないという事ですね。

キテルキテルさんの提携工場で製造されております。

面白いですよね。
なかなかに前例がない事なのでは?

今回みたいに各メーカーさんの人気商品を色んな工場で作れたら面白いですよね。
工場ごとに素材の味があるので、それぞれの名作を工場ごとに味わってみたい\(^o^)/
そんな柔軟な業界にならないかな~。

今回のサキュ手裏剣の硬度ですが、METEO(メテオ)で例えると
外層:バリ柔(-2)
内層:ギチ硬(+3)
くらいの硬度調整になっていると感じました。


前回のサキュ手裏剣より1つ硬度が上がっているようなイメージです。

まさにキテルキテルさんの「ハード寄りの微調整」という言葉通りです。


■おちんちんをヒダになぶられたい人なら!!

ズバリ!!
おちんちんをヒダ(触手)になぶられたい人向きです!!!!!!!

ビタン!ぐにゅ!ビタン!ぐにゅ!ビタン!

竿の根元から亀頭の先っちょまで、これでもかとヒダ触手に嬲られてください!!!

唯一無二の感触なのは前回と同じですね\(^o^)/
大胆な構造だからこそ生み出せる特殊な刺激なんだと思います。

ストロークは性感が高まるまでは、ゆ~っくりをオススメします。
その方がヒダの触手感をじっくりと楽しめます。
ヒダの一枚一枚になぶられる感じをサオの100%で味わって欲しいから!!


■まとめ

刺激度は中の中から上程度。
そこまでめっちゃハードってわけでもないです。
割と万人に楽しんでもらえる刺激なのではないでしょうかH(^_^)P

・前作の課題(ローション漏れ、底面肉厚等)を解消

・ヒダ触手になぶられたい

・新しいヒダの可能性になぶられたい

・回転刺激でも楽しみたい

・ギャップ二層感が好き

・キテルキテルファン

・前作のサキュ手裏剣との違いを楽しみたい

何気にパッケージがプラのスリーブ式になって豪華かつ見た目も楽しいです。
いつもの脱がせる楽しみもバッチリあるので是非とも確かめてねH(^_^)P
(とくっち)

目指せ大当たり!!オナホガチャ

※各種割引サービスの対象外品となりますのでご了承下さい※

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 一つの答え、完成形。

    2019/05/20 投稿者:男爵ゴリラ おすすめレベル:★★★★★

    ■オナホ選びで重視すること(価格、素材、使用感、メーカー等)
    ハードって書いてあったら買っちゃいます。
    多少キツめでゾリゾリ感の強いもの。

    ■見た目(外観や内部)や素材の印象
    柔らかいけど、しっかりとした印象。
    前回のものよりも強度的にも安心できそうな感じでした。

    ■今回の使用ローション
    ・付属のローション
    ・ぬめッパ ハード
    ・ペペローション
    ぬめッパ ハードが一番良いかなと思いました。

    ■良かった部分
    前作よりも間違いなく進化してました。入口が狭くなっていたのでローション漏れが無く、私が欲しかったのはこれだァッ!!と思わず叫んでしまいそうになる位のハード感。痛いと言う訳じゃなくて、この辺りはいい塩梅の刺激になってます。
    ぐにゅぐにゅゾリゾリとした刺激が織り交ざって他の商品では味わえない感覚。これがたまらんのですよ。
    回転させても良し。激しいストロークも良し。ゆっくりゾリゾリ感を楽しむも良し。二層構造の良い所で、一つのホールで違った刺激を楽しめます。
    前回のサキュ手裏剣は強度的にも弱めな印象でしたが、今回のものはその点も安心感があります。

    ■惜しかった部分
    無いです。

    ■どういう人が好みそうか
    ハードが好きな方。
    ゾリゾリ系のホールが好きな方。
    2層ホール初めてな方。
    マンネリ化してきて、新しい扉を開きたい方。

    ■このオナホの特徴を一言で表すと?
    鉄板の二層構造ハードホール

    ■総合評価は☆いくつ?(最高は☆5)
    文句なしの☆5です。

  • 前回のサキュ手裏剣を惜しいと感じた方にお勧めしたい一品

    2019/01/27 投稿者:グミサプリ おすすめレベル:★★★★★

    ■好きなオナホ(いくつでも)
    触手裏剣(+2) 限定版サキュ手裏剣(+2以上) 東京名器

    ■オナホ選びで重視すること(価格、素材、使用感、メーカー等)
    口径が普通かガバくて硬いか、逆に口径がキツくて柔らかい事

    ■見た目(外観や内部)や素材の印象
    二層オナホは外側が柔らかすぎるものが多いのですが、今回初めて不安を感じないレベルの柔らかさでした。

    ■挿入直後の第一印象
    あ、これちゃんとハードだ!と思いました。
    他方で、「これ別に二層にする必要は無いんじゃないの?一層でやれば良いのに」と初めて感じずに二層に納得が出来ました。

    ■良かった部分
    外側が極端に柔らかいわけではないので、取り回しに不安を感じる事がありませんでした。
    看板に偽りなしで普通にハードホールのカテゴリに入る使用感だった事。(後述)

    ■惜しかった部分
    二層ホールの1つの完成形なので不満点は無いです。

    ■使用前と使用後の印象の違い(印象に違いを感じた場合も詳しく)
    前回のサキュ手裏剣は良い"ソフト"ホールでした。
    なので、今回は前回よりは少しは硬く感じられて、良いノーマルホールくらいになれば良いかなくらいに思っていました。

    ところが実際に使ってみたところ、ちゃんとハードホールの使用感なのです。
    二層構造は外層の柔らかさのおかげで、内層の硬さを緩和させる作用があるので、前回のサキュ手裏剣は±0か0.5くらいの体感硬度だったのですが、
    今回のサキュ手裏剣はさすがに外層を微調整してちょい硬くし、内層をギチ硬にしただけあって、+3のギチ硬の内層が外層の柔らかさの作用で柔らかく感じられても、依然として+2程度の硬さが担保されています。
    バリ硬(+2)なら、バリ硬(+2)の一層のホールで別に良いのでは?と疑問に思う人もいると思いますが、私も前回のサキュ手裏剣ではそう感じていました。
    ハードが好きな人にとっては、バリ硬(+2)はちょうど良い硬さなので、バリ硬(+2)を柔らかい外層で受け止めてベストに感じているせっかくの硬さがより柔らかくなる事にいまいち必要性を感じないのです。
    ですが、本ホールはギチ硬(+3)を柔らかい外層で受け止めてバリ硬(+2)相当にしているので、二層にしてせっかくの硬い素材をもったいない事をした感が無いんですよね。
    また、ここではバリ硬(+2)相当と書きましたが、厳密に言えば
    バリ硬(+3-1=+2)なのです。
    物凄い硬いはずなのに使ってみたら硬さがどこかに逃がされている感じで、何故かベストな硬さに落ち着いている不思議な感触があります。
    これが二層構造の妙なのでしょう。

    最終的な体感硬度がバリ硬(+2)相当になって、そこでハード好きでもはじめて二層構造の面白さを味わう余裕が出てくるわけです。
    柔らかくなるのが嫌で二層構造に余り関心が無い人にこそお勧めしたいです。
    野菜嫌いな人に無農薬の野菜スティック食わせたり、牛乳嫌いな人に物凄い高い瓶牛乳飲ませたりして、「あ、これなら分かる」「これなら許せるよ」ってなるノリに近い商品です。

    ■どういう人が好みそうか
    前回のサキュ手裏剣をハードホールだと感じなかった方。
    二層構造の良さを今イチ理解していない方。
    ハード好きな方。
    バリ硬(+2)を好きなまま新しい使用感にチャレンジしたい方。
    硬いホールに興味はあるが、硬派過ぎるホールは怖い方。
    ホッパのカスタマイズで二層構造をスルーしてきた方w。

    ■刺激が近い既製品はあるか
    知ってる限りは無いです。少なくとも、ホッパやキテルキテルのものでは無いです。

    ■このオナホの特徴を一言で表すと?
    やっと完成した二層構造のハードホール

    ■総合評価は☆いくつ?(最高は☆5)
    ☆5

  • ホッパとキテルキテルの人気コラボ商品、サキュ手裏剣の決定版!

    2019/01/12 投稿者:長谷川 おすすめレベル:★★★★★

    ギャップ二層(+1.0)、限定版ギャップ二層(+100.-3)、限定版ギチ硬(+3)とハード寄りサキュ手裏剣をだいたいコンプしたハード好きがレビューしますよっと


    ■好きなオナホ
    キツ系、最近はハード寄り多層構造
    ■息子の大きさ(全長や太さ)
    トイレットペーパーの芯より太くて長いくらい
    ■オナホ選びで重視すること
    内部構造や素材に挑戦があるか、コンセプトがきちんとあるか、そしてそれらが使用感にしっかり反映されているか
    ■見た目(外観や内部)や素材の印象
    スリーブが着脱仕様になっててめっちゃ豪華、これだけでも飾れるレベル
    外観はいつもの八角形、ただし入り口が過去作に比べかなり狭くなってる
    確かに使ってるうちにローションが漏れてきてたのでこれは良改良
    素材はややハリがある感じ
    外が-2~-1で中が+2~+3くらい?
    ■今回の使用ローション
    付属品とヌメッパソフト~ハード
    ■挿入直後の第一印象
    サキュ手裏剣のハード方向正統派進化版
    前作よりもヒダの山が高くなった?ことでゾリゾリとした刺激が増しより触手らしさがUP
    ■使用方法
    座位、立位
    ■プレイ時間
    5~10分ほど
    ■何回使った後のレビューか
    3~4回
    ■良かった部分
    ハード好きには嬉しい刺激強化
    また入り口の径が狭くなったことでローション漏れ軽減、バキューム力向上、締め付けUPなど様々な恩恵が
    メテオ素材でなくなったことにより油分が少なくなったような気が・・・?(これは一長一短なのでなんとも言えないが)
    ■惜しかった部分
    使い込むことによる覚醒や温度による変化が少ない、刺激がハッキリしてるが故にそのうち飽きはくるかも
    ■使用前と使用後の印象の違い(印象に違いを感じた場合も詳しく)
    内部の硬度が4.5との表記なので相当なハード素材を予想してたけど、実際はキテルキテル基準での数値だったのである意味肩透かしを食らった気分
    ハード化といってもそこまで極端に硬くなったわけでもないので、刺激が大味になり過ぎてもいないしいい塩梅なのかもしれない
    ヒダの調整といってもそこまで変わらんだろう、と思っていたがいざ使ってみると違いがわかるレベルで変わるのでなかなか面白い
    メーカー毎に作ってもらうというのも確かに面白いかもしれない
    ■どういう人が好みそうか
    キツ系ではなく高刺激系のハードホーラー
    ヒダ刺激好き
    普通のホールに飽きてちょっと冒険してみたい人
    モン娘好き
    ■刺激が近い既製品はあるか
    前作なので割愛
    ■このオナホの特徴を一言で表すと?
    不快感のないヒダによる強刺激
    ■総合評価は☆いくつ?(最高は☆5)
    シリーズの将来性への期待も含め☆5

その他のオススメ商品